宮城県にある猫神信仰のご利益がある神社【猫神社】

猫神社

知っとくエピソード!

宮司
宮城県の牡鹿半島の先端に田代島という島があります。
そこにある、猫を神様として崇めているのが、猫神社です。
島全体の町人は、100人未満ですが、猫は100匹以上と島民よりも多いのです。
最近の猫ブームにあやかってか、平成20年では、約3200人だった観光客が、震災前年には、12300人まで増加しているほどの人気です。
もともと宮城県では、養蚕が左官で、蚕の天敵であるネズミ対策のために、猫を飼う人が多かったのだとか。
また、漁師町でもあるので、大漁祈願の招き猫としても飼われていたようです。
ちなみに、100匹以上もいる、猫島こと田代島ですが、犬は1匹もいないようで、島に持ち込むことも禁止されているようです。

明治時代の末期から大正時代にかけて、網漁が盛んだった頃、
事故で死なせた猫を手厚く葬ったところ、大漁が続き、海難事故なくなったことから、猫神社としてお祀りするようになったようです。

住所とアクセス


住所:宮城県石巻市田代浜字仁斗田
アクセス:石巻港から定期船で仁斗田港まで役40分、港から徒歩で約20分 ほか

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

スポンサードリンク