和歌山県にある下着を供養する神社【淡嶋神社】

スポンサードリンク

淡嶋神社

メインのご利益

婦人病
子授け
安産

その他のご利益

病気回復
家内安全
ほか

知っとくエピソード!

宮司
和歌山県になんとも、不思議な風習がある神社があります。
その名も淡嶋神社あわしまじんじゃというのですが、自分のはいた下着をお供えするとご利益のある神社なのです。
では、どういったご利益なのかといいますと、安産、子宝祈願、婦人病回復のご利益があります。

スポンサードリンク

 

 

さらに、未使用よりかは使用済みの下着のほうが、ご利益があると言われています。
由来としては、御祭神が、女性の病気回復や安産子授けにご利益のある神様だそうです。

創建は1700年前にものぼり、全国の淡嶋神社の総本社となっています。

お守り

子授けまもり
お雛護り

住所とアクセス


住所:和歌山県和歌山市加太116
アクセス:南海電鉄線「加太駅」から徒歩約15分

スポンサードリンク

Notice: Theme without comments.php の使用はバージョン 3.0 から非推奨になりました。代替は用意されておりません。 Please include a comments.php template in your theme. in /home/users/1/littlestar.jp-arusu/web/wp-includes/functions.php on line 3962

コメントは受け付けていません。